読みやすい文章はリズムが大事!-20歳の自分に受けさせたい文章講義 [書評]

タイトルに「20歳の自分に」とあるように、本書は比較的若い人向けに、プロのライターによって書かれた「文章術」の本である。

文章の構成を「絵コンテ」と「カメラワーク」に例えたり、推敲を「文章にハサミを入れる」と例えたりとビジュアルな表現も豊富なので、「文章術」の初心者や、これから社会に出ていこうとしている人(タイトルどおり20歳ぐらいの人)にはとっつきやすい内容だと思う。

著者の古賀史健氏は、フリーライターで「ライターとは”翻訳者”である」「文章は”リズム”できまる」が信念であり、編集者からは「踊るような文章を書くライターだ」と言われている。

ここでは、この著者の2つの信念を本書から抜粋して紹介してみる。

 

ライターとは翻訳者である

「ライターとは”翻訳者”である」というのは、自分の頭のなかにめぐる思いを文章にするには、思いをつらつらと書くのではなく、伝わる言葉に翻訳することが必要だということである。

たとえば、

①文章を書こうとすると、固まってしまう。
②自分の気持ちをうまく文章にすることができない。

言い換えると、文章のスタート時の「書けない」と書き始めたあとの「(うまく)書けない」という症状は、初心者が文章を書くときに一番良く見られる状況だと指摘して、頭のなかを「翻訳する」と手段でその状況を解決することを提案している。

 

実際のところ、ぼくもブログを書こうとパソコンの前に座っても、なかなか書き始めることができなくて、ちょっと参考に見た他のブログの出来の良さに、打ちのめされてそのままベットに退散してしまうことはよくある。

また書き始めても思い通りの文章にならずに、なんども書きなおして結局は仕上がらないままになっている記事もいくつもある。

これが初心者共通の課題だといわれると少し安心する。

 

文章は”リズム”で決まる

「文章は”リズム”できまる」というのは、句読点・改行・漢字とひらがなのバランスによる「視覚的リズム」と、音読で確認する「聴覚的リズム」と「理論展開」の3要素で文体が決まるということである。

 読みにくい文章というのは、「視覚的リズム」や「聴覚的リズム」が悪いだけではなく、文と文とのつなぎ方や展開の仕方が悪いときに、その主張が支離滅裂になり、リズムよく読めなくなるということである。

それを防ぐにために、「もっと接続詞を使おう」と著者は提案している。ここで使うというのは文章構成のチェックで使うということであって、必ずしも書き込むということではない。

 

ブログのようなWebメディアの文章は、見た目の読みやすさはもちろんのこと、実際に読んだときも読みやすくないと、ワンクリックでページをクローズされるので、読みやすいリズムを意識して文章を書くのは良いと思う

 

まとめ

 本書は「文章術」としてはオーソドックスなテーマになっているので、初心者でも分かりやすいと思う。

中身がオーソドックスでも、表現や事例に著者の独自性があるので楽しく読めるのが特徴的である。

逆にあるていど「文章術」本を読み込んでいる人には少しモノ足りないかもしれない。

by isopiii

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA