Kindle Paperwhite & iPhoneの組み合わせは読書環境の最強タッグである

2013 02 09 11 16 56

Kindle Paperwhiteで本を読むことが多くなってきたが、すべての面において満足しているわけではない。

しかしiPhoneを組み合わせると良い感じにその不足分を補ってくれるのが嬉しい。

 

 Kindle PaperwhiteとiPhoneで本を読む

最近お気に入りのKindle Paperwhiteだが、残念ながらすべての面において完璧というわけではない。

一般的に言われているKindle Paperwhiteの弱点は

1.モノクロ表示
2.画面の描画が遅い
3.ブラウザが貧弱

などがある。

しかしこれらの弱点については、わかった上で購入しているので不満ではない。

私にとっての唯一の不満は「ハイライトを効率よく読めない」ということある。

紙の本を読むときには付箋を添付したりやマーキングをしておいて、読了後にそのポイントとなる部分をざっと読み直している。

Kindleでも同じようにハイライトやブックマークをつけることはできるが、残念ながらそれを効率よく読み返す機能がない。

こればとても不便なことである。一時期はこれだけでKindleをやめようかと思ったぐらいである。

しかしこの「ハイライトを効率よく読めない」という弱点も、iPhoneのKindleアプリと併用すればいい感じに補ってくれることがわかった。

Kindle

無料
(2014.04.29時点)

iTunes で見る

posted with ポチレバ

Kindleの電子ブックはKindle本体だけではなくて、iPhoneのアプリでも読むことができる。

そしてその双方で情報の同期もとることができるので、Kindleで読んだ続きをiPhoneで読むことができたりするのは知っていたが、KindleでつけたハイライトやブックマークをiPhoneで見るということは盲点だった。

 

 

2013 02 18 1136

本を読んでいるときは、どのページからでもハイライトをまとめたページに行くことができる。

 

2013 02 18 11 30 17

「メモ・ブックマーク」のページに、ハイライトやブックマークがまとめて一覧で表示される。

 

2013 02 18 11 30 24

好きなハイライトやブックマークをタッチすれば本文を表示してくれる。

 

この同期の機能を使えは、ハイライトやブックマークの部分だけをざっと見なおして、気になるところは本文に戻るということができる。

読み終わった後にポイントだけを振り返るので、iPhoneの小さな画面でもあまり気にならない。逆に、機敏なページ送りができるiPhoneの方がも直しには向いているかもしれない。

 

今のところKindle本体でできないことをiPhoneがカバーしてくれるこの組み合わせは、私の読書環境の最強タッグなのである。ますますKindleにハマりそうだ。

by isopiii

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA