月曜日の朝の憂鬱を和らげる方法

monday

この年齢になっても月曜日の朝は憂鬱なものである。

月曜日の朝の憂鬱というのは、おそらく会社勤め特有の感覚だろう。

フリーランスやノマドの人たちは、休みはカレンダー通りではないから、月曜日の朝に対する特別な思いはないはずだから。

しかし会社員勤めをしていると、月曜日の朝には条件反射的に憂鬱がやってくる。

まるで毎月の給料と同じように自動的に。

でも近ごろは、この月曜日の朝の憂鬱も若い頃と比べるとずいぶんと和らいできたんだ。

年を取って感性が鈍ってきたからか、それとも会社でコツコツとポジションアップして、自分で仕事をコントロールできるようになったからか。

やらされる仕事というのはつらい。

そう考えると、手っ取り早くそして根本的に月曜日の朝の憂鬱を取り去る方法は、会社勤めを辞めて好きなことを仕事にすること、であるのは間違いない。

しかしそのような幸運に恵まれていない人はどうすれば良いか。

(好きなことを仕事にしている人は、それは「幸運」ではなく「努力の結果」だというだろうけれど)

長年の会社勤めの経験からいえることは、とにかく「日曜日の夜は早く寝ろ」ということである。

睡眠不足はストレスを増強する。

会社に行くというのはストレスそのものであるから、それを和らげるにはストレスを増強する睡眠不足は大敵である。

「休みを少しでも堪能したい」とか「起床時間が遅かったり」して、日曜日の夜は とかく夜更かししてしまうものだ。

これがいけない。

だから日曜日の夜はブロブなどせずにさっさと寝た方が良いのだ。

そんなこと言われなくても分かってるって?

分かってるなら実行しよう!

分かってることを「する」か「しない」かで、人生は大きく変わるのだから。

でも、それも分かっていることだとあなたは言うかもしれない。

本当のところ、月曜日の憂鬱なんて些細なことなんだ。

日曜日の夜に早く寝るだけで和らぐのだから。

それよりも、分かっているのに「しない」ということの方が問題なのだろう。

「だから好きなことを仕事にできないんだよ」とフリーランスの人に言われそうだ。

by isopiii

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA