夏の終わりの思い出づくりに「天王寺動物園」をオススメする5つのポイント!

大阪のディープなエリア、天王寺。
そこにある「天王寺動物園」で、夏の終わりの思い出づくりはいかがですか?

IMG 0863

みなさん、こんにちは!
いそっぴ(@isopiii)です。

「天王寺動物園」は大阪のディープなエリア、天王寺区にあります。

天王寺動物園HOMEPAGE
動物園周辺は、数年前までは怪しげな雰囲気も漂っていましたが、いまでは観光地化されて、カップルでも子ども連れでもまったく心配ありません。昔を知る人にはもの足りないかもしれませんが、これも時代の流れなのでしょうね。

それでは「天王寺動物園」ポイントからっ!

ポイント

  1. いまどきの動物園は臭くない
  2. 日陰のスポットが多い
  3. 室内展示はエアコンが効いて気持ちいい
  4. パンダはいないがサファリゾーンは見ごたえあり
  5. 帰りは新世界で串かつ

いまどきの動物園は臭くない

IMG 0856

子どもの頃、遠足で動物園に行くことも多かったですが、猿山や猛獣の檻の横で異臭の中、お弁当を食べるのが嫌でした。

でもいまどきの動物園は手入れが行き届いているのか、設備が良くなったのか、ほとんど異臭はありません。

日陰のスポットが多い

IMG 0816

ところどころに日陰の見学スポットがあります。

メインの「アフリカサバンナゾーン」や「人気のカバ」も日陰から見ることができるように工夫されています。

室内展示はエアコンが効いて気持ちいい

IMG 0865

「コアラ館」や「レッサーパンダ館」はエアコンが効いていて気持ちいいです。
暑くて我慢できないときは避難所として最適ですね。

パンダはいないがアフリカサバンナゾーンは見ごたえあり

IMG 0834

天王寺動物園のメインエリアは、南園の「アジアの熱帯雨林」と北園の「アフリカサバンナ」。

「アジアの熱帯雨林」の主役ははゾウ、「アフリカサバンナ」の主役はキリンやシマウマと地味な動物ですが、オリではなく広々としたエリアに放たれているがいい感じです。

帰りは新世界で串かつ!

IMG 0873 2

天王寺動物園には、「公園側ゲート」と「新世界ゲート」の2ヶ所の出入口があります。

帰りは「新世界ゲート」から出て、ディープな街を堪能してください。通天閣に登るのもいいかもしれませんね。

いそっぴの感想

Isopiii

天王寺動物園は、入園料金(大人500円、子供200円)がリーズナブルで、2時間もあれば全体を見て回ることもできる日帰りのオススメスポットです。

午前中の涼しい時間に動物を見て(開園は9時半)、お昼に串かつを食べて帰るのがおすすめのコースですですが、時間に余裕があったり、午後からの見学になる場合は、おやつタイムも面白いかも。

130817 0001

今日はこのぐらいで。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
それでは、またお会いしましょう。

この記事は「雑記ばっかりのブログ」よりお届けしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加