スマホをかざすと自分の回りの雨の様子が上空に見えるアプリ(無料)

急な雨には困りましたが、iPhoneに入れっぱなしになっていた「Go雨!探知機」を使う機会がやっと来たとほくそ笑んでいたのは内緒です。

130904 0001

みなさん、こんにちは!
いそっぴです。

天気予報のアプリは「Yahoo!天気」がメインで、サブには「ウェザーニュースタッチ」を使っているのですが、先日3つ目のアプリとして「Go雨!探知機」をインストールしていました。

「Go雨!探知機」

関連記事:[iPhone] 天気予報アプリは複数を用途に使い分けるのが便利

アプリを教えてもらったのはコチラのブログです。
かん吉さんありがとうございます!

周辺のゲリラ豪雨をリアルタイム&視野で確認できるアプリがすごい

今年の夏は、関東地方ではゲリラ豪雨が多かったようですが、関西では比較的雨が少なく、アプリを試す機会がなかったのですが、その機会が今日やっと訪れました。

まずはこの画面をご覧ください。

2013 09 03 23 15 12 3

このアプリはAR(Augmented Reality)の技術を使って、自分を中心とした雨の状態を表示します。

AR(Augmented Reality)というのは、ありのままに知覚される情報に、デジタル合成などによって作られた情報を付加し、人間の現実認識を強化する技術のこと(by コトバンク)で、このアプリの場合は、風景に雨のデジタル情報を合成してくれるのです。

上に貼り付けた画面によると、iPhoneを掲げた僕の頭上が真っ赤なので、50〜100mmの雨が降っていることが分かります。

10メートルほど歩くと、雨の跳ね返りで膝から下がグッショリと濡れてしまいました。

急な雨でまわりの人が右往左往しているときに、空にiPhoneを掲げる姿は変な人に見えたかもしれませんね。

しばらくするとこのようになりました。

2013 09 03 23 15 13

赤いエリアエリアから外れて、緑のエリア(降雨量 5〜10mm)になっていることが分かります。

上空だけではなく、足元を見るとまるでレーダのように表示されます。

2013 09 03 23 15 12 1

今日の雑感

Isopiii

このアプリの良いところは、激しい雨が降ったときに、「しばらく降るのか」「自分の周りだけなのか」がわかるところだと思います。

それがわかれば雨宿りをするかしないかの判断ができるもんね。

今日はこのぐらいで。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
それでは、またお会いしましょう。

この記事は「雑記ばっかりのブログ」よりお届けしています。

Facebookページにご参加ください。。

Twitterもお気軽にフォローしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加