コンフォートゾーンを抜け出して新しい自分を見つける方法

一朝一夕に人は変わることはできません。
しかし毎日の小さな変化が、1年後には大きな変化を自分にもたらすのです。

IMG 0865

みなさん、こんにちは!
いそっぴです。

人には人それぞれのコンフォートゾーンというものがあります。

コンフォートゾーンというのは、文字通り居心地が良い楽に生活できる空間のことです。

しかし残念なことですが、この居心地のいい空間の中で生き続ける限り成長はありません。

コンフォートゾーンを打ち破ることが人に成長をもたらすのです。

ではコンフォートゾーンを打ち破るためには、なにが必要なのでしょうか?

必要なことは新しいことに挑戦すること。

しかし新しいことに挑戦するといっても、一過性で終わっては意味はありません。

継続的に取り組み、習慣にすることが大切です。

習慣を継続するコツは、とにかく小さく始めるということ。

いきなり大きな目標を掲げても、なかなか継続することはできません。

とにかく小さく初めて、慣れるに従ってステップアップしていくのが、習慣を身につけるコツだといえます。

例えば毎日ランニングをすることを習慣にする場合、いきなり数キロ走ることを目標にするのではなく、毎日ランニングウエアに着替えるということを目標にするのです。

いきなり毎日走ることを目標にすると、体調がすぐれなかったり雨が降ったりすると怠け心がムクムクと起きがってきます。

しかしランニングウェアに着替えるだけなら継続は簡単です。(もちろん走れる日は走っても構いません)

それに慣れてくれば次は毎日100メートル走る、次は200メートル走ると云うようにステップアップしていけばいいのです。

同じように、腕立て伏せや腹筋を習慣に取り入れるのなら、毎日の目標は1回からスタートするのがオススメです。

このようにして新しい習慣を身に付けて、以前のコンフォートゾーンから抜けだしたとしても、そこに留まっていると、今度はそこが新たなコンフォートゾーンになってしまいます。

成長するということがコンフォートゾーンに留まらないということなら、常に新しいことに取り組み続ける、あるいはステップアップし続けないといけません。

新しいことに挑戦することはつらいことです。

しかしこのつらいという感覚が新しいことに取り組んでいる証なのです。

つらいときは自分が成長しているということ。

つらくなけれ成長していないということ。

コンフォートゾーンというのは居心地が良い空間だから、つらくないということはコンフォートゾーンにとどまっているということなのです。

今日の雑感

Isopiii

毎日ブログを更新するという習慣に取り組んで、近ごろ100パーセントではないものの、毎日更新できるようになってきました。

そうなると、ブログを更新しないと気持ち悪くなります。

つまり毎日ブログを更新するということが、今の僕のコンフォートゾーンなのでしょう。

ということであれば、そろそろ次のステップに進むタイミングなのかもしれませんね。

今日はこのぐらいで。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
それでは、またお会いしましょう。

この記事は「雑記ばっかりのブログ」よりお届けしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA