大阪駅ビルB2にあるスーパー辛口のカレー店「スズメバチ」に突撃!

「辛くなければカレーじゃない!」とはぼくも思いますが、ここまで辛いと食事というより、もはやアトラクションかもしれません。 

2013 09 11 12 09 59

みなさん、こんにちは!
いそっぴです。

きょう紹介するカレー店「スズメバチカレー」は、南森町の「ハチ」という有名店がのれんを下ろすときに、そのレシピを受け継いだお店です。

もとのお店はコチラ(残念ながら今はもうありません)↓↓↓

関連ランキング:カレーライス | 大阪天満宮駅

 

「ハチ」の名物はスーパー辛口のカレーだったのですが、それを引き継いだこのお店のカレーもスーパー辛口です。

子供はもちろん、辛さに弱い人、というか辛さに強くない人は間違ってもオーダーしなように!

逆に「辛くなければカレーじゃない!」という人にはスーパーおオススメします。

ぼくが食べている途中に、知らずに入ってきた二人連れの会社員が、ひとくち食べて涙目になって見つめ合ってました。

それぐらい辛いです。

スズメバチカレー

メニューは卵入りと卵なしのシンプルなカレーが2種類。それぞれ900円と950円。

ルーに埋もれて見えませんが、じっくり煮込んでホロホロになったお肉が入っています。(席に案内されてメニューをじっくりみたら、700円の肉なしカレーというのがありました)

カレー単品で900円は少しお高いですが、ご飯の大盛り(店の人は400gぐらいと云ってました)とルーのおかわり1回が無料となっています。

ルーのおかわり無料は嬉しかったのですが、あまりに辛くておかわりできなかったのが残念。

「辛い、辛い」と書いているので、辛いだけかというとそうではなくて、ちゃんと美味しいですし、ぼくもたまには立ち寄ってもいいかと思ってます。

ただし旨みを感じるには辛さに絶えないといけませんが。

2013 09 11 11 59 17

箸休めの人参のピクルス

2013 09 11 12 06 50

辛いもの好きの友達と行くと盛り上がること間違いなしです!

関連ランキング:カレーライス | 北新地駅

今日の雑感

Isopiii

 

 

前身の「ハチ」は個人のお店だったようですが、その味をチェーン店で展開しようという心意気は素晴らしい!

今日はこのぐらいで。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
それでは、またお会いしましょう。

この記事は「雑記ばっかりのブログ」よりお届けしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加