【珍味】エイリアン顔の「ワラスボ」も素揚げしたらいい肴になる

立ち寄った飲み屋のメニューに<ワラスボ>とあるのを見て、これはネタのためにも食べておかねばと注文した。
みなさんは、ワラスボを知っているだろうか?

131101 0001

ワラスボは有明海の珍味、というか珍魚である。

ハゼの仲間らしいが、ハゼのような愛嬌は感じられない顔。

牙生えてるし。

エラのところはウーパールーパーみたい。

 

顔がエイリアンに似ていることも有名だが、一説にはエイリアンのモデルになったとも云われている。

上の生きている写真ではわかりにくが、干物になるとぐぐっとエイリアンっぽくなる。

エイリアンの干物。

IMG 6039

全身はこんな感じ。

IMG 6038

全長は20センチぐらい。

このサイズが2匹で700円はちょっと高いかな?

でも、土産物店で買ってもそこそこの値段がするらしく、それを素揚げとはいえ料理店で調理しているので、妥当な価格なのだろと納得しておく。

 

食べた感じは、低温でじっくり揚げているようで、頭からしっぽの先までバリバリ、いや正確な食感としてはサクサクとしていた。

ほんと、顔からは想像できない軽い食感!

香ばしさと、ちょっとした苦味に揚げ油がマッチしていて、日本酒の肴に最高ですな。

頭の部分を熱燗に入れるとひれ酒ならぬ「ワラスボ酒」になるようで、これがまた美味しいらしいが、この時は作り損ねてしまった。

あー、ザンネン。

次回は忘れずに「ワラスボ酒」をいただこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加