手首に負担がかからないマウスならトラックボール型がおすすめ!

マウスを長時間使っていると、手首が痛くなったり腕がだるくなったりしませんか?

M570 Macの場合は、純正のマジックマウスが素晴らしく出来がいいので、それで満足している人も多いと思う。

マジックマウスはipadと同じようにフリック操作ができるすぐれものだが、コンパクトな設計なので、フィット感がいまいち良くない。

それでフィット感が良くて手首に負担がかからないマウスを探していたら、トラックボール型のマウスに辿り着いた。

モデルはロジクール社「ワイヤレストラックボールM570t」だ。

このマウス(正確にはトラックボール?)は、マウス本体を動かすのではなく、トラックボールを親指で操作する仕組みになっているので、手首や腕にかかる負担が小さい。

早速、買い求めて使ってみたが、確かに手にかかる負担は小さい。

トラックボールを使うのは初めてだったので、操作性に少し負担があったが、1日使えばかなり馴染んできた。

まだ微妙な操作は難しいところはあるが、それも時間の問題だと思う。

親指の操作は意外と快適です。

ただし、ひとつだけ問題がある。

僕がメインで使っているアプリは、ブラウザ以外には3〜4つとそれほど多くないのだが、その中のひとつ「Adobe Lightroom」の操作性がめちゃ悪くなったのだ。

「Adobe Lightroom」は写真を管理したり編集するアプリなのだが、多くある写真の中から目当ての写真を探すときに、上下左右のスクロールを駆使する。

そのとき、「M570t」のスクロールホイールでは具合が悪いのだ。

スクロールホイール(一般のマウスの中央についているダイヤルです)では、左右のスクロールができないのと、上下のスクロールもスピードが出ない。

この点だけは残念だった。

ということで、今のところ「M570t」をメインに使って、「Lightroom」用に純正のマジックマウスを使っている。

しばらくこの併用で様子を見たいと考えている。

きょうの雑録

マジックマウスにトラックボールが付けば問題は解決するのですが、アップル社はおそらく出してくれそうもないので、どこかのメーカーで販売してもらえませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加