レジ袋無料配布を終了しました!

レジ袋が5円の有料化。
久しぶりにイオンに買い物に行ったら、レジ袋辞退で2円引きから5円の有料化に変わっていた。

レジ袋無料配布を終了しました

僕の住まいの近くにはスーパーが多くて、よく使うところで4件、使わないところを含めるとその倍はある。

それぞれのスーパーのレジ袋辞退の対応は違っていて、会計から単純に2円を引いたり、会員カードにポイント加算してくれたり、レジ袋辞退のスタンプカードに押印してくれたりする。

それでもどの店も、2円相当を値引いてくれることは同じだ。

その中で、イオンが5円の有料化というのはちょっと驚いたが、レジ袋の配布を少なくするには良い手段だと思う。

値引きではなく有料化というのもいいが、5円という金額も評価したい。

店の説明によると、この5円はイオンの収益になるのではなく、環境保全に取り組む団体に寄付されるということなので、それなら10円でもいいのではないだろうか。

他の大手スーパーはどうなっているのかと調べてみると

西友やイトーヨーカ堂では既に取り組んでいるのですね。

どちらも近くにないので知らなかった。

イオンとイトーヨーカ堂と大手2社がこのような対応になったのだから、他のスーパーやコンビニも見習ってほしい。

コンビニにマイバックを持っていく人は少ないので、反発も多いと思うがなんとかなるでしょう。

個人的にはスーパーだけでなく、書店にもこの流れは広がってほしいと考えている。

本を買うとブックカバーを掛けた上に紙袋、あるいは手提げ袋に入れてくれるのだが、これらも有償化してはどうだろうか?

僕はこの数年、ブックカバーは辞退しているし、できるだけマイバックに入れるようにしてもらっている。

書店の紙袋は、スーパーのレジ袋のようにゴミ袋にもならないし、ブックカバーを掛けたままだと本が読みづらいので、家に帰ると直ぐに外してゴミになってしまう。

どちらも紙なので資源ゴミには出せるのだが、出さないに越したことはない。

ふらりと立ち寄った書店で、本を衝動買いしてしまったときは、紙袋はもらわざるを得ないが、環境のためなら10円ぐらいは支払ってもいいと思う。

皆さんはどう思われますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA