わたしあの人嫌い。だって◯◯◯臭いんだもの。

人は見た目が9割と言うけれど、大切なのは見た目だけではありません。

2013 06 22 11 35 57

戸建て住宅は、築後10年から15年ぐらいすると外壁を塗り直さないといけない。

そのまま放置しておくと、外壁の小さなひび割れや、撥水機能が衰えた外壁の表面から雨水が浸水して、壁の中にカビが生えたり、ひどいと柱が腐ってしまうから。

我が家も入居して10数年が経過して、外壁の塗替え時期に差し掛かっているので、週末には、ときどき塗装業者が営業にやってくる。

塗装業者の常套句は「このあたりでは実績がないので、どうしても実績を作りたいから格安でいいので仕事をさせてほしい」というのが多い。

それと営業なのに作業服を着ていることも多い。(作業服がきれいなので直ぐに営業だとわかる)

ある日、いつものように作業服を着た営業マンがやってきて、「実績を作りたいから格安でいいので仕事をさせてほしい」と言う。

いつもはインターホン越しに断るのだが、その日はちょっとした気まぐれで玄関先で話を聞いてみた。

その営業は、見た目も印象もよくて、今までの営業と比べても知識が豊富で、セールストークも悪くなかった。

それでも、もともと発注するつもりはなかったので、申し訳ないがやんわりと断って、その日は帰ってもらった。

数日たって帰宅すると、例の営業マンの名刺が玄関に置いてあった。

妻に聞いてみると、昼にその営業マンがやって来たらしい。

僕の反応から、どうやら見込があると思ったようだ。

それで妻に「いい感じの人だったでしょ?」と聞いてみた。

すると妻はしばらく考えて一言。

「わたしあの人嫌い。だって、たばこ臭いんだもの」

人は見た目が9割とは言うけれど、「たばこ臭い」というだけで、見た目の好印象も営業マンとしてのスキルも吹っ飛んでしまった。

女性は難しい。

営業の人は、くれぐれも気をつけてください。

ではでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加