Macで長文を書くための最強のテキストエディタ

Hagoromoは僕にとっての最強のテキストエディタだ。

起動が速くて動きが軽快なのはもちろん、縦書き、ルビ、文字数カウント、ePub対応にアウトラインプロセッシング機能までついている。

hagoromo

Macでブログを書くようになってから、ずっと使い勝手がいいテキストエディタを探していた。そしてやっとたどり着いたのが「Hagoromo」だ。

テキストエディタというのは、本来はプログラムを書くためのツールだが、ワープロの代わりとしても使える。

ワープロから余分な機能を取り除いて、その代わりに軽快に動くのが特長となっている。

僕がテキストエディタ求める機能は、第一に起動が速いこと、次に文字数カウントができること、そして縦書きの機能があることだ。

もちろんHagoromoはすべて満たしている。

これらの条件を満たしているテキストエディタは他にもあるが、Hagoromoは条件を満たしているだけでなく、初期設定の状態で使ってもフォントサイズやフォントデザイン、それに画面のレイアウト心地よい。

設定すれば同じように使えるアプリもあるが、(アプリによっては設定を記憶するものと毎回設定しないといけないものがあるから要注意だ)Hagoromoは初期設定のままでまったく問題ない。

毎日ブログを書くために使うツールなので、心地よさというのは重要な要素なのである。

僕が求める機能のすべてを満たしているHagoromoだが(というか求めている以上なのだが)、使い始めてもっとも気に入ってるのは「アウトラインプロセッシング機能」だ。

アウトラインプロセッシングというのは、文章の大ざっぱな全体構造を決めてから細部を記述していく方法で、長文を書くのに適していいる。

いきなり文章を書くのではなく、見出しを決めてから文章を書く方法だ。

アウトラインプロセッシング機能は、単体のブログ記事を書くには必要がない。

どちらかと云うと、論文や本を執筆するレベルの長文を書くのに役に立つ機能だ。

ではなぜそのような機能を気に入ってるかというと、ブログの次の取り組みとして、本を書くようにブログを書いてみようと考えているから。

つまり本のように大きな全体の構成を考えて、それをひとつずつのブログ記事にばらして書きたいと考えている。

云ってみれば、連載型のブログ。

まだ構想段階なので、いつから書き始めるか決めていないが、その構想で使うのに最適なのがアウトラインプロセッシング機能なのだ。

Hagoromoはそのほかにも、置換機能・ePub対応(電子書籍のフォーマット)・iCloud対応・自動保存/バージョン管理などなど、さまざまな機能があるので、興味がある人は下記サイトをご覧ください。

Hagoromo β版のダウンロード | Artman 21

リリース元は、定評あるテキストエディタ「Jedit X」と同じArtman21社なので安心。

現在はβ版での無償提供。2014年2月に有償版がリリースされる予定になっている。

きょうはこのぐらいで。ではまたお会いしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加