プロフィールは究極のセルフブランディングのツールです

『かさこマガジン』を知ってますか?

それは、僕が尊敬するブロガーのひとり、かさこさんが無料で配布している小冊子です。

しかし無料の小冊子といって侮ってはいけません。

B5サイズで40ページのフルカラーのこの冊子は、究極のセルフブランディングツールなのです。

かさこマガジン

40ページの冊子には、かさこさんがアジアやヨーロッパの国々、そして日本各地を旅された記録、その旅で体験したこと、身の回りのできごと、感じたこと、考えたこと、そしてそれらの経験を元に「自分は何ができるのか」ということが余すことなく書かれています。

つまりこの小冊子は、40ページからなる、かさこさんのプロフィールなのです。

そしてプロフィールでありながら、読んだ人を勇気づける内容になっています。

人を勇気づけるプロフィールなんてあるのですね。

各ベージの見出しがしびれます。

  • 人生の時間割をこの手に取り戻せ
  • 日常から開放される快感と苦痛
  • 世界はおもしろさであふれてる
  • 悪いこともイヤなことも人生を好転させる契機になる
  • ほんの少しの非常識が閉塞した人生を切り拓いてくれる

 ほら、読みたくなったでしょ!

 

この1月にリリースされた『かさこマガジン』vol.4(タイトルは『いいことイヤなこと 過去の経験を未来の武器に変える』)は8,500冊が無償で配布される予定です。

8,500冊の小冊子を配るということは、8,500人のセールスマンが、かさこさんを売り込みに全国を飛び回るのと同じこと。

この冊子は、「かさことは何者か」ということを多くの人に知ってもらう、最高のセルフブランディングツールということです。

もちろん相応の経費はかかっているようですが、リターンの方が圧倒的に多いと、かさこさんはブログに書かれています。

昨年出版されたvol.3は、映画監督としてデビューするきっかけをもたらしたとのこと。

素晴らしすぎます!

 IMG 3641

「会社だけに頼る生き方はリスクが大きい」

「社外で通用する人材でなければ社内でも生き残ることができない」

フリーランスで働く人だけではなく、会社員も自分を売り込むためのセルフブランディングが必要とされる時代です。

セルフブランディングについて書かれた本を、今までに何冊も手に取りましたが、『かさこマガジン』を読んで、「人に感動を与えるプロフィールを書くこと」が最高のセルフブランディングだと確信しました。

IMG 3643

今すぐ40ページのプロフィールを書けと言われても、僕には書くことができません。

しかしそれは、「書くことがないのか」「書くべきことを記憶していない」のかわかりません。

かさこさんはこの冊子の冒頭に書いています。

記憶より記録。記録を辿って過去の自分を棚卸しすることで、輝かしい未来を築くための時間割が見えてくる。足りないものがあるなら、これから経験すればいい。

棚卸ししてもプロフィールに書くべきことがなければ、いまからでも経験することはできます。

Nothing is too late to start. ~何ごとも始めるのに遅すぎることはない~

今年の終わりには、10ページのプロフィールが書けるように、この1年頑張ってみたいと思います。

IMG 3645

『かさこマガジン』は希望すれば誰でももらうことができます。

興味がある人は、かさこさんのブログ「つぶやきかさこ」をご覧ください。 

ダンボール24箱分の私の宝くじ : つぶやきかさこ 

きょうの”きっかけ”

プロフィールや自己紹介の文章を考えることが苦手は人は多いと思います。(僕もそうですが)

しかしそれは、自分の過去をきちんと棚卸ししていないからではないでしょうか?

過去を棚卸しして、「何ができるのか」「何が足りないのか」をきちんと把握して、「足りないもの」学べば、魅力あるブロフィールが書けるようになると思います。

今回はこれぐらいで。
それでは、またお会いしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA