である調でも「上から目線」に見えない書き方

このブログは、である調の「常体」で書いて記事が多い。

である調は切れがあって好きな文体だが、「上から目線」の文章になる場合があるから要注意だ。

キーボード

文章を書きやすいのは、僕の場合、ですます調の「敬体」だ。

ちょっと厳しいことを書いても、ですます調なら柔らか感じになるところがいい。

文末も「です」ばかりだったり、「ます」ばかりだと格好が悪いが、それらをバランスよく配置すれば、なんとなくいい感じに収まる。

多くのブログを見ても、ですます調が圧倒的に多いが、これらの事情によるのだと思う。

とにかく無難なのが、ですます調の「敬体」だ。

しかし僕はあえて、である調で書きたいと考えている。

なぜかと言うと、である調の文章の方が切れがあって好きだから。

書いていても、読んでいてもリズムがいいのが気に入っている。

しかし、である調で書くと、記事の内容によっては「上から目線」になってしまうことがある。

なるべく「上から目線」にならないように書く工夫はするが、どうしても「上から目線」になってしまうときがある。

「上から目線」になってしまうときは、記事の切り口が押し付けがましい場合があるので、記事の構成を根本的に変えるようにしている。

ある意味、である調は、ひとりよがりの上から目線の記事を書かないための「リトマス試験紙」の役目も果たしているのかもしれない。

(ですます調は「上から目線」で書いても、読み手にそのような感じを与えないことが多いと思う)

もう一つ、である調の注意点は、「のだ」と「のである」の使いすぎないこと。

「のだ」を連発するとバカボンのパパみたいになるし、「のである」を連発すると、頑固じじいが書いた文章のようになってしまうのだ。

なので、推敲のときに、「のだ」「である」は徹底的に外すようにしているのだ。

「のだ」「である」使うのは、記事の中で強調したいところだけに限定しているのだ。

ね、おかしいでしょ。

しかし一番憧れている文章は、ですます調でもである調でもなく、「友だちと会話しているようなくだけた文章」だったりする。

好きなブログにも、この「友だちと会話しているようなくだけた文章」で書いてあるものがあって、うらやましく思っている。

ときどき真似て書いてみるが、どうしても上手くいかない。

文章がくだけ過ぎたり、くだけ方に統一性がなかったりして、文章がまとまらない。

一見したところ、簡単に書いているように見えて、一番難しいのがこの「友だちと会話しているようなくだけた文章」だと僕は思っている。

失敗すると、とてもチープな文章になってしまう。

だから、この文体で書いている人がちょっと妬ましいんだよね(という文章だ)。

きょうの”きっかけ”

文体を気にしているので、本やブログを読むときに、どうしても文体に目がいってしまいます。

でも、普通の人にとって大切なのは内容であって、文体なんてまったく気にしてないのでしょね。

大して意味がない悩みなのかもしれませんが、それでも気になってしまうのです。

文章を書くのは難しいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、またお会いしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA