太閤秀吉に献上された「御城之口餅」を食す!

太閤秀吉に献上された「御城之口餅」は、奈良の「菊屋」さんが作っている。

「菊屋」さんは、天正13年(1585年)創業。

奈良で一番古い和菓子屋さんなのだ。

御城之口餅

「御城之口餅」は、粒あんを餅で包んで、きな粉をまぶした一口サイズの餅菓子だ。

秀吉公をもてなすお茶会に珍菓を作るように命じられ、献上したのがのその始まりと言われている。

「菊屋」さんが、郡山城の大門の前で商いをしていたので、いつのころからか「御城之口餅(おしろのくちもち)」と呼ばれるようになった。

菊屋

「菊屋」さんの本店は、いまでも郡山城の前にあるが、作られているお菓子は奈良のあちこちのお店で買うことができる。

僕が通勤で使う大和西大寺駅という小さなターミナル駅のショッピングモールにも「菊屋」さんのお店があるので、まさか「菊屋」さんが、奈良で一番古い和菓子屋とは知らなかった。

ターミナル駅にある店だけを見ると、天正13年(1585年)の創業だなんてわからない。

これだから奈良は侮れない。

飛鳥時代や奈良時代の遺跡や旧跡がごろごろしている奈良なので、天正13年創業、つまり安土桃山時代に創業した和菓子屋さんということは、それほど注目されることはないのかもしれないね。

でも現当主が26代目というのはなんとも凄いことだ。

御城之口餅

「御城之口餅」は、400年以上も前に作られた和菓子だが、今の和菓子と比べても遜色なく美味しくいただける。

丹波大納言大粒小豆で作った粒あん、近江産最上級もち米で作った皮、希少価値青大豆で作ったきな粉、なんて能書きもあるが、そんなの関係なく美味しくいただけるのがいい。

本店は大和郡山で風情がある店構えをしているのだが、訪れるには少し不便。

なので買い求めるときは、ホームページにあるネットショップを使うか、奈良に観光で訪れた際に、最寄りのお店に訪れるのがいいだろう。

「御城之口餅」は、奈良おすすめの逸品!

御城之口餅

本家菊屋

関連ランキング:和菓子 | 近鉄郡山駅郡山駅

きょうの”きっかけ”

奈良で一番古い和菓子屋の「菊屋」さんは、1585年創業ですが、京都で一番古い(もしかすると日本で一番古いかも)和菓子屋の「あぶり餅 一和」さんは、1000年創業というのだから驚きます。

その「あぶり餅 一和」が運営しているフェイスブックページがこちら。

あぶり餅 一和(一文字屋和輔)

1000年創業の和菓子屋さんが、フェイスブックページを運用しているというのも不思議な感じがします。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
今回はこれぐらいで。
それでは、またお会いしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加