恵方巻きを食べる方向を調べるだけのアプリ

2014年の恵方は「東北東」、2015年の恵方は「西南西」、2016年の恵方は「南南東」と決まっているけど覚えてられないよね?

恵方マピオン

毎年かわる恵方巻きを食べる方向(つまり恵方)は、全部で4つしかないことをご存知だろうか?

その方向は、「東北東」「西南西」「南南東」「北北西」の4つだ。

そして年の恵方は、その年の干支(えと)によって決まるようになっている。

干支といっても、子丑寅卯…(ねうしとらう…)の十二支ではなく、馴染みが少ない十干(じっかん)の方。

十干というのは、甲乙丙丁…(こうおつへい…)というやつで、2014年は十二支と組み合わせて、甲午(きのえうま)になる。

そして甲(きのえ)の恵方が東北東ということだ。

 

ちなみこの十干と十二支の組み合わせが60年で一巡するから、60歳のことを還暦という。(10個の十干と12個の十二支の最小公倍数が60だから)

 

と、まぁ面倒なことを書いたが、「恵方決定のルール」を知らなくても、簡単に恵方がわかるアプリがあるので紹介したい。

恵方マピオン

無料
(2014.02.02時点)
posted with ポチレバ

 

この「恵方マピオン」は、コンパスの機能でたちどころに恵方がわかるという優れもの。

恵方マピオン

1年に1回しか使えないのが残念だが、スマホの片隅にダンロードしておけは、家族団らんや節分パーティで盛り上がること間違いなし!(だと思う)

きょうの”きっかけ”

節分の行事としては、豆まきより恵方巻きの方が盛り上がっている気がします。

子供たちは豆まきで喜びますが、大人は豆より寿司ですよね?

売り手も寿司の方が豆より儲かるから、売り手と買い手の思いが一致しているのがその理由なのでしょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
それでは、またお会いしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加