絶品バンバーグが食べれるお店〜グリル・ピエロ【大阪中之島】

ジュージューと音を立るハンバーグを求めて、ランチタイムはいつも人が並んでいる。

お店の中も外も煙がモクモクしているが、そんなのまったく問題ない!

グリルピエロ

「グリル・ピエロ」は大阪中之島、地下鉄肥後橋駅のそばにある。

勤務先が中之島のときは、よく食べに行ったハンバーグが絶品のお店だ。

事務所が移転してからは立ち寄る機会がなかったが、たまたま近くに行くことがあり、10年ぶりぐらい久しぶりに食べたがが、美味しさは昔と変わらず健在だった。

「グリル・ピエロ」はカウンター14席ほどの小さなお店だ。

床は油で少しヌルヌルしているし、店内はコンロの煙で充満している。

普通だったらちょっと使いたくない店だが、バンバーグはバツグンに旨い!

メニューは「ハンバーグ定食」「焼き肉定食」「ミックス定食」の3種類だが、99%の人が「ハンバーグ定食(950円)」をオーダーする。

まれにハンバーグと焼き肉がセットになった「ミックス定食」をオーダーする人はいるが、「焼き肉定食」をオーダーする人を見たことはない。

席につくとおばちゃんが水を出しながら「ハンバーグでいい?」と確認してくれるので、それにうなずけば注文が終わる。

「焼き肉定食」なんて注文するヒマはないのだ。

グリル・ピエロのハンバーグは、オーブンで焼くのが特長。

ハンバーグを焼いている間に、マスターが付け合せのもやしを炒めながら、空いているコンロで盛り付け用の鉄板を温める。

いや、温めるという優しいものではなく、コンロでガンガンと焼く。

そのガンガンに焼いた鉄板に、ソースをかけて出されるハンバーグは熱々を通り越して、ぐつぐつと煮えている。

もちろん見かけだけのハンバーグではない。

チーズを載せてオーブンでふんわりと焼き上げ、デミソースをかけて出されるハンバーグは間違いなく旨い!

ナツメグの香りとハンバーグに練りこまれたレーズンの甘酸っぱさがいいアクセントになっている。

鉄板が熱いので最後まで暖かくいただけるのも嬉しい。

久しぶりに食べたけど、美味しいものはやっぱり美味しい。

これからは時間があるときには、少し足を伸ばして食べに来よう!

入り口がわかりにくくて、看板も控えめ。 2014 02 27 12 07 00

お客さんがぎっしり入った店内。
カウンター席は奥から詰めて座るのがルールだ。 2014 03 01 21 58 43

関連ランキング:洋食 | 肥後橋駅渡辺橋駅淀屋橋駅

この記事の写真は、iPhone5で撮影しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加