52年間の展示に幕!交通科学博物館は4月6日に営業終了

「交通科学博物館」が今年の4月6日で閉館する。

ここは、子供が小さい頃によく遊びに行った思い出の場所だ。

IMG 4910

交通科学博物館は、JR大阪駅から環状線に乗って10分ほどの弁天町駅にある。

オープンは1962年ということだから、東京オリンピックの2年前だ。

僕はまだ生まれていない。

52年前にできたこの博物館は、大人にとっては少しばかり古くさい感じがするところだったが、子供には人気があったので、息子を連れてよく遊びに行った。

僕は1回で満足だったが、息子は何度行っても楽しくしてくれたし、いったん施設の中に入ってしまえば、自由に遊ばせておけるのが楽だった。

遠足の子供が押しかける以外はだいたい空いているのもよかった。

子供をつれて人の多いところに行くのは最悪、できれば避けたい。

博物館に展示されているのは、列車を中心に飛行機や自動車などの乗り物で(交通博物館だから当然か)、飛行機や船の模型や、戦前のレトロな機材の展示もあるが、実物の列車の展示と巨大ジオラマが息子のお気に入りだった。

そんな息子も、もう高校生になる。

今はいっしょに出かけることはほとんどなく(食べるのは好きなので外食にはついてくるけど)、交通科学博物館に遊びに来たことは懐かしい思い出だ。

その交通科学博物館が4月6日で閉館する。

交通科学博物館

 

 

閉館後は、京都の梅小路できる鉄道博物館に収蔵資料を移設するらしいが、展示の形は変わると思うので、記録のため写真を撮ってきた。

0系新幹線(昭和39年)0系新幹線

特急こだま特急こだま

ML500形リニアモーターカー(昭和54年)リニアモーターカー

D51型蒸気機関車(デゴイチ)蒸気機関車

スバル360DX(昭和33年)すばる360

リアがかわいい!すばる360

ダイハツミゼットMPA(昭和32年)ミゼット

三菱500A11型のドアノブIMG 4802

ダッシュボードにあるミラーがいいね!IMG 4806

バイク

幼稚園の遠足ジオラマ

人気の巨大ジオラマはジオラマ

観客でびっしり!ジオラマ

デゴイチの運転席のノブIMG 4843

IMG 4844

デゴイチの運転席の計器IMG 4846

 

プロペラ戦闘機のエンジンIMG 4872

 

IMG 4851

IMG 4894

きょうの雑録

運営を続けることが経済的に厳しかったのだと思いますが、閉館するのは淋しいですね。

でも展示が陳腐化していたので仕方ないかもしれません。

移転先の京都鉄道博物館は、大人も楽しめる博物館にしてほしいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加