デジタルカメラを買ったら最初にやるたったひとつのこと

デジタルカメラに電子音はいらない。

電子音は【切る】に設定してください。

梅

長男の卒業式に出席したときのことだ。

高校生でも卒業式ともなると、デジカメやビデオカメラで撮影をする人も多い。

撮影するとはいっても、もう幼稚園や小学校の低学年のときのような「なにがなんでも、わが子のベストショットを取るのだ!」という熱気はない。

ほとんどが「いい写真が撮れたらラッキー」くらいのカメラマンたちなので、朝早くからの場所取りや、常識を欠く場所でカメラを構える人もいない。

だから撮影そのものはまったく問題ない。

ところが…

生徒たちが入場してくると、あちこちで「ピピッピピッ」という電子音なり始める。

デジタルカメラのピント合わせを知らせる音だ。

2、3人ぐらいなら我慢できるが、数十台のカメラの電子音が合唱のように鳴るとさすがにうるさい。

撮影する人の中には、電源を入れたときの「テロレロレ〜ン」なんて音を鳴らす人もいる。

「必要ですか?その音」

カメラの初期設定が「電子音【入】」になっているので、そのまま使っているだと思うけど、できれば切って欲しい。

電子音は切ってください。

お願いします。

僕は電子音を切ってるけれど、ぜんぜん問題なく使えている。

電源を入れたときの起動音なんて意味ないし、ピントが合ったことはランプが点灯するのでそれでわかる。

広い場所でひとりで撮影するときは、電子音を鳴らしても構わないが、多くの人がいるところや、静かなところで撮影するときは、電子音を切るようにして欲しい。

メーカーも「写真撮影のマナー」として啓蒙してくれないかなぁ

NP-BT10-WB

話は変わるが、先日、炊飯器を買い替えた。

家電好きとしては、炊飯器ひとつでもおろそかな選択はできないので、、量販店に下見に行って、パンフレットを集めて、価格ドットコムで調べて、これだという1台を選んだ。

機種はZOJIRUSHI(象印)の「圧力IH炊飯ジャー5.5合炊きNP-BT10-WB」だ。

モデルの位置づけは、フラッグシップ機と中位機の間ぐらいで、定価は少し高かったが、販売価格は半額近くになっていて値頃感があった。

新しい炊飯器は先週から使い始めて一週間ほどになるが、炊飯器としてはさすがによくできている。

ご飯も美味しい!

熟考の上の選択は間違いなかった。

ところが、美味しいご飯が炊ける「NP-BT10-WB」にはひとつ問題がある。

それが電子音。

なんと、炊飯開始の音が「きらきら星」で、炊飯完了の音が「アマリリス」なのだ。

♪ソ・ラ・ソ・ド・ソ・ラ・ソ・ラ・ラ・ソ・ファ・ソ・ファ・ミ・レ・ミ・ドのアマリリスだ。

安っぽい電子音で奏でるアマリリスは、まるで限界集落の駅前商店街のシャッター音のように虚しくキッチンに響く。

開発の人は良かれと思って付けてくれたのだと思うが、できれば初期設定は無音か「ピッ」ぐらいにしておいて欲しかった。

確かにアマリリスは(音階を覚えているぐらい)懐かしいけれど、過剰サービスだと思う。

カメラにしても炊飯器にしても、その他の家電や電子機器も、音はもう少し大事にして欲しい。

無音か、音を鳴らすときはセンスある選曲でお願いします。

(カメラの起動音がアマリリスにならないことを祈ってる)

炊飯器としてはおすすめ。(もちろんアマリリスは設定で鳴らさなくできる)

きょうの雑録

ハードウェアの制約もあるとは思いますが、電子音をもう少し工夫して欲しい電化製品ってありますよね。

しゃべる家電もあるけれど、あれって意味があるのかなぁ

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加