「本、写真、奈良と京都のこと」にブログのテーマを絞ります!

目指すべきブログの姿に近づくために、これからはテーマを絞って投稿したいと考えている。

IMG 7392

このブログは、人気ブロガーの立花岳志さんが掲げられている「総合ブログ」という考えに触発されて書き始めたブログなので、今まで特にテーマを絞らずに書いてきた。

立花岳志さんの「総合ブログ」というのは、村上春樹さんの「総合小説」という考えに触発されたもので、その「総合小説」はドストエフスキーに源流があるらしいが、僕はドストエフスキーのことはよくわからないので、「総合ブログ」=「テーマを絞らずに身の回りのことをなんでも書くブログ」という意味にとらえている。

ジャンルを絞らないと言っても、個人ブログなのである程度の偏りが出てしまうはずで、それが個性になればいいな、とは思っていた。

しかしテーマを絞らずに書いた結果、個性というほどの期待した偏りは出ず、残念ながら特徴がないぼんやりとしたブログになってしまっている。

立花岳志さんのブログ「No Second Life」には、100以上のカテゴリーがあるが、ブログに対する立花さんの軸が明確になっているので、ぼやけた感じがしないところが素晴らしい。

残念ながら僕はまだその域には達していない。

IMG 6990

ブログに書くテーマは絞っていないが、書かないテーマは決めている。

それは政治と経済と宗教についてのこと。

これらのテーマについて、僕は大した見識を持っていないというのが最大の理由だ。

もちろん1人の大人として自分の考えというものはあるが、その考えを広く知らしめたいとか、ひとこと言っておきたいというほどのものはない。

アベノミクスや原発や隣国のことについて意見したいこともあるが、ぜいぜい居酒屋で友達や同僚と雑談する程度の内容で、人をうならせるほど深みがあるわけでもないし、独自の切り口があるわけでもない。

営業という仕事を始めたときに、「政治と宗教と野球の話はお客さまとの雑談ネタにするな」と当時の上司の云われたことがあるが、それをブログでも守っているわけだ。(これらのネタを書かないのは、不用意な炎上を避けるということでもある)

つまり整理すると、今までは政治と経済と宗教以外については、何を書いてもいいというルールでブログを運営していたということだ。

IMG 7312 

2年前にブログを始めた頃は、ブログを続けることに必死だったので、投稿できそうなことは何でも書いた。

今読み返すと、「よくこんなネタで書いたよな」というものもあるが、よほどひどいもの以外はできるだけ消さずに残している。

出来の悪い投稿を消そうとすると、半分以上の記事を消したくなってしまうから。

ブログを書き始めて1年近く経って、ブログを書くことが習慣になってきた頃には、アクセスアップが狙えそうな記事を書いた。

それで少しはアクセスも増えた。(今でもアクセスが多い記事はその頃に書いたものだ)

でもこのブログでは広告収入を狙っていないので、グーグルやヤフーなどの検索サイト経由で訪れる人が増えてもあまり意味がない(ということに最近気がついた)。

もちろん多くの人に読んでもらえるのは嬉しいし、グーグル経由の人がいなくなるとアクセス数が愕然と減ってしまうので、ブログを書くモチベーションがかなり損なわれると思う。

参考までに数字を書くと(ブログ運営の裏側を書くのは恥ずかしいので、普段はあまり書かないが)、このブログのアクセスは80%以上が検索サイト経由になっている。

URLを打ち込んで(あるいはブラウザのブックマークやお気に入りに入れて)直接読みに来ていただいている常連さんは、全体の20%弱の割合だ。

この数字は個人ブログとしてはかなり低い。

これらの数字から何がわかるかというと、このブログは情報源として使われているが(その情報が役に立ったかどうかはわからないが)、ブログそのものを楽しみにして読みに来てくれる人は少ないということ。

これは僕が「目指しているブログの姿」ではない。

ブログを立ち上げたときから、「目指しているブログの姿」というものがあったわけではないが、ブログを書き続けている中で、徐々に見えてきた「目指しているブログの姿」と現状がずれてしまっている。

IMG 7255 

前置きが長くなったが(ウェブでは結論から書けと云われているにもかかわらず)、「目指しているブログの姿」に近づくため、今後はテーマを絞って書きたいと思う。

では、これからはどのようなテーマに絞るかというと、この投稿のタイトルにもあるように「本、写真、奈良と京都のこと」を中心に据えて更新するつもりだ。

例外的に違うテーマの投稿も書くと思うが、あくまで例外的な頻度に留めたい。

定期的にこのブログを見ていただいている方は、この1〜2ヶ月前からその方向性が出ていることに気づいてもらっているかもしれない。

またパソコンで見ていただいているのであれば、ブログ画面の一番上に表示されているメニューがそのようになっているのでご覧いただけると思う。

テーマを絞ることで、更新回数が少なくなるかもしれないが(実際この頃は減少気味だ)、でもそうすることで、同じ趣味の人に楽しんでもらえるブログにできれば最高だ。

アクセス数だけを考えると、「本、写真、奈良と京都のこと」に関する投稿は、それほどアクセス数が多くない。

もともとアクセス数が稼げないテーマなのか、まだテーマを絞り込んだばかりでその効果が出ていないのかわからないが、しばらくはアクセス数のことはあまり気のせず書いていきたいと思う。

おわりに

わざわざこのような投稿を書かずに黙ってテーマを絞ればいいのだけど、それではときに心が折れて、ノンジャンルブログに逆戻りする心配があったので、あえてこの投稿を書かせていただきました。

頑張って更新しますので、よろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加