若手写真家 上野百合さんの写真展で刺激をもらう

巨匠や有名な写真家の個展もいいですが、いま頑張っている若い人の写真展も刺激をもらえていいものです。

bindu

月に1度の写真教室のあとに、先生が懇意にしている若い写真家さんの個展を生徒たちで見に行った。

場所は京都岡崎。

岡崎は京都府立美術館や国立近代美術館などがあるところで、京都の中でも文化的な色合いが強いところだ。

その岡崎に新しくできたヨガ教室「SUUDIO BINDU」の2階にあるイベントスペースで個展はおこなわれていた。

 

今年になってから、「アンドレアス・グルスキー」や「篠山紀信」の写真展とか、京都フォトグラフィーという写真のイベントに足を運んでいる。

そのような写真展にあるのは、既に評価が定まった人の写真なので、好きだとか嫌いだとかはいうことはできても、写真そのものに意見することができない。

巨匠と言われる人たちの写真に対して、われわれアマチュア写真家は意見することはできず、それをあるがままに受け入れるしかない。

てもこのような若い写真家さんの個展だと、見に行った者同士で意見を交わしたり、自分の中でも「XXはもうちょっとXXした方がいいんじゃないかな?」なんて考えることができるのが良いところだ。

「アンドレアス・グルスキー」や「篠山紀信」の写真展の方がもちろん満足度は高いが、それはどちらかと言うと「鑑賞する」という見方になってしまう。

でもいま活躍している若い写真家さんの写真展は、「見て考える」ことができるのが楽しい。

 

上野百合さんの個展は6/5まで開催されているので、岡崎に観光に行ったついでに立ち寄ってみてはどうだろうか?

ヨガ教室「SUUDIO BINDU」の場所がちょっとわかりづらいのが要注意。

上野由利ホームページ

SUUDIO BINDUホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加