朝になったら台風は過ぎ去っていた

IMG 1475

夜の間ずっと風がビュービューと吹いて、雨戸がガタガタとうるさかったのですが、目が覚める頃にはほとんど止んでいました。

家を出るときに少しの雨が残っていましたが、大阪駅に着いたら雲の切れ目から青空が見えていました。

最近の台風はほとんどこのパンターン。

「大型で強い台風接近」という天気予報でも、かなりの確率で肩透かしを食らってしまう。

洪水や土砂崩れで被害を受けている地域もあるし、関東の方では鉄道のダイヤが乱れて大変だったようなので、軽はずみなことは云えませんが、このあたりでは、台風のことを「来る来る詐欺」と呼んでいます。

 

一部のネットでは、台風の日に休めない会社員のことを「社畜」とか「時代錯誤の忠誠心」と揶揄するコメントが見受けられます。

台風のような自然現象においては、地域によって影響が違うので(このあたりは来る来る詐欺だし)、人によって考え方が違うのが承知の上で僕の考えを云いますと、台風が来てもどうしても出勤しないといけない人は会社の近くのホテルで泊まればいいし、そうでない人は様子を見ながら出勤すればいいと思う。

「ダイヤが乱れてるからちょっと遅れます」とか「風がひどくて出勤を見合わせます」って連絡すればいいんじゃないかなぁ。

そんなことも言えない職場があるの?

会社がそうなら、それはいわゆるブラック企業だから早々に身の振り方を考えた方がいい。

でも、もしかするとあなたが「云えない」と思い込んでいるのかもしれない。

僕は意外と後者のほうが多いのではないかと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA