逆風の中を走ったら息切れがしたその原因は・・・[ランニング日誌・奈良マラソンまで29日]

2014 11 15 14 10 18

12月14日の奈良マラソンに向けて、一ヶ月前には30キロ走をしようと計画していた。

この週末がちょうど良いタイミングだったので、金曜日から気持ちを盛り上げて挑んだ。

朝から強い風が吹いていて走りづらかったが、本番でも強風が吹くこともあるだろうと気合いを入れて走り始める。

逆風なので走りづらいのは覚悟していたが、呼吸もだんだんと苦しくなってくる。

走り始めたときから、既に10キロぐらいを走ったときぐらいの呼吸の苦しさだ。

そのあとも呼吸の苦しさはだんだんと増していって、5キロを過ぎた頃から胸も痛くなってきた。

そして10キロほどでランニングを中断。

残念…

走り終わったあとも、胸と咽がジンジンと痛んでいた。

ちょっといやな感じ。

 

翌日になっても痛みがあまり引かなかった。

病院に行って見てもらったところ、診断結果は気管支炎。

そりゃ呼吸も苦しいはずだわ。

診察の後、薬をたんまりと渡された。

 

30キロ走ができなかったのは残念だけど、このタイミングで良かったと前向きに考えよう。

今ならまだ本番までには回復できるのだから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA