「冷えとり」始めました!

IMG 1909

思い返すと、子供の頃から足はいつも冷たかった。

上半身というか、膝より上は冷えるなんてことはなく、どちらかと云うと汗かきだったりする。

でも膝から下は冷たくて、足にじっとりとした冷たい汗が出ることも多い。

 

数年前から真冬はユニクロのヒートテックのタイツを履いている。

ヒートテックのタイツは薄くて暖かいのが気に入ってる。

それでも腰の周りのモコモコした感じが嫌で、どうしようもなく寒い日だけ履いたり、通勤の時だけ履いて、会社に着くと脱いだりしていた。

 

今年も先週ぐらいから寒くなってきたので、そろそろタイツ引っ張り出そうかと思っていたら、ちょうどテレビで「冷えとり」と云うのを紹介していた。

知っている人も多いかと思うが「冷えとり」と云うのは、靴下を重ね履きすることで冷えを防ぐ方法のこと。

靴下の2枚重ねや3枚重ねは当たり前で、達人になると10枚ぐらい重ね履きする人もいるらしい。

もちろん普通の靴下ではなくて、重ね履き用の薄手の靴下なんだけど、10枚というのはすごい!

日ごろはテレビの情報で有益なのはあまりないが、これはなかなか良いと思ったので、ネットで調べて「冷えとり」専門サイトの「温むすび」さん(サイト名が暖かそうなのがいい)で、重ね履き用の「シルク5本指用靴下」と言うのを買った。

≪webshop温むすび≫ 株式会社山忠のホームページ

「シルク5本指用靴下」の上に重ね履きする靴下も、この際だからということで、ひざ下まである長いビジネス用のソックス(ハイソックス?)を買った。

で、「シルク5本指用靴下」と「ハイソックス」を重ね履きしたところ、じっとりした冷たい汗は出なくなってなかなか良好だ。

2枚履きなので劇的ではないが、今までより足の冷たさが緩和された感じがする。

ひざ下まであるビジネスソックスも「冷えとり」にかなり効果を発揮している。

 

今年の冬はこの「シルク5本指用靴下」&「ハイソックス」で乗り越えようと思う。

でも残念なのは、薄手の靴下とはいえ、重ね履きをすると靴が少し窮屈になるところ。

靴下の重ね履き用に、ワンサイズ大きな靴を買う人もいるらしい。

でもいきなりそこまでするのは難しいので、手持ちの靴でちょっと大きめのヤツをヘビーローテーションで使うつもり。

 

しばらくしたら、状況をまた報告します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA