枯れ際の花の写真が好きな理由

IMG 3947

満開の花は問題なしに美しいが、写真に撮っても面白くないことが多い。

撮ったときは「綺麗な花の写真が撮れた!」という満足感に浸れる。

けれど家に帰ってパソコンの画面に映すと、平凡な写真に見えてしまうのはどうしてだろうか?

おそらくそれは、今までに見た多くの花の写真のどれかと似ているからかもしれない。

独創的な写真というのは簡単には撮れない。

今まで見たことがある写真の構図や色づかいを無意識に真似てしまっている。

写真を撮ったときにはそのことに気づいていない。

でも冷静に見返すとき、記憶の奥底にある「見たことがある写真」と比べてしまう。

なので綺麗な花の写真は面白くないのだと思う。

 

枯れた花の写真は綺麗ではないが面白いと思う。

それはどうしてだろうか?

 

それは、枯れた花の写真が少ないからだと思う。

探せば多くあるのかもしれないが、僕は今までにあまり見たことがない。

だから記憶にストックされている写真の種類が少ない。

そう云った理由で、「枯れた花の写真」はパソコンの画面に映しても新鮮見えて、面白く感じるのだと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA