寒い日の朝

IMG 2030

目覚めたときから、寒くて布団からなかなか出られないときがある。

休日はちょっとぐらい寒くても布団から出られるのに、仕事がある日はなぜか布団が恋しい。

そんなときは、布団の中でフェイスブックとかツイッターを眺めてぐずぐずしてる。

フェイスブックには早起きの人たちが「ランニング終わりました!」なんていう投稿をアップしている。

そんな投稿を見て、バカじゃないのなんて悪態をつきながら時間を気にしている小市民。

それでいい加減時間がなくなってくると「やー」なんて掛け声を出して布団から飛び出す。

このとき、「やー」でも「うー」でも「こりゃ」でも声を出すのが大切。

声を出すとなぜだか思い切って布団から飛び出せるのが不思議。

IMG 2029

今朝もそうやって布団から飛び出した。

それもそのはず、通勤途中の公園には霜が降りていた。

霜が降りている風景を見て、霜柱をざくざくと踏みならして小学校に通っていたころのことを思い出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA