ペットボトルを撮る

f:id:isopiii:20150309230211j:plain

写真教室で「ペットボトルを撮る」という課題が出された。

単純にペットボトルを撮るのではなく、その写真を見た人に「何を感じて欲しいか」を考えて撮らないといけないのだが、これがなかなか難しい。

上の一枚は「ガーデニングの途中の休憩時間」というシーンを演出した写真。

枯れた芝、くたびれた軍手、差し込む光の組み合わせで、そのように感じてもらえるといいのだけど。

そしてもう一枚

f:id:isopiii:20150309231155j:plain

これは「休憩中のビジネスマン」というイメージの写真。

暖かな日差しの中、コートを脱いで休憩しているというシーンを演出した。

ペットボトルはわざとらしくならないように、ポケットからちょっとだけ出しているのが僕のこだわりです。

☆4月15日〜18日に大阪南堀江のギャラリーで写真展を開催します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA