直島でアートを堪能するベストな方法とは?

f:id:isopiii:20150319232907j:plain

(写真は直島の宮浦港のフェリー乗り場)

 

3日ほど自由にできる時間があったので、以前から気になっていた直島に出かけた。

急な予定だったので一人での旅行。

一人の場合は旅行じゃなくて、旅って言う方が合うよね。

 

直島というのは瀬戸内海にある小さな島だが、アートの島として有名なところだ。

自転車で30分ほどで横断できる島だけど、「地中美術館」「ベネッセミュージアム」「家プロジェクト」などの見どころが満載の島だ。

午前中に直島に到着できれば、これらのポイントを一日で見て回ることができる。

でも可能であれば一泊することをオススメしたい。

ではさっそくだが、直島を初めて訪れる人に僕の今回の旅の経験を書き残しておきたい。

 

直島の見どころには「地中美術館」「ベネッセミュージアム」「家プロジェクト」がある。

この中で僕が一番感度したのは「地中美術館」なので、ここは絶対に訪れて欲しい。

「地中美術館」は建物が地中にあるので「地中美術館」と言うのだが、安藤忠雄さんの設計の建物の美しさもさることながら、自然光を活かした展示も最高に良かった。

展示してある美術品を見るだけの美術館ではなく、展示品がある部屋全体を楽しむことができる体感型の美術館なのだ。

なにはなくとも、まずはこの「地中美術館」は忘れずに訪れて欲しい。

 

「家プロジェクト」は直島の本村地区で展開されている展示で、古い家屋を利用しているのが特長だ。

全部で7軒の展示があるが、それらを効率よく回って見るというより、町を散策して、ときには道に迷ったりしながら見て回るのが楽しいと思う。

途中でカフェに立ち寄ったりしてのんびりするのがオススメ。

ただし残念なことに、この「家プロジェクト」は16時半で終わってしまう。

2〜3時間もあれば町を散策しながら全部の展示を見て回れるが、チケットの有効期限は1日なので時間に余裕を持って訪れていただきたい。

 

「ベネッセミュージアム」は現代のアートが集められた美術館だ。

この美術館のオススメは、17時からおこなわれるミュージアムギャラリーツアーだ。

現代のアートというのは見ただけではよくわからないものが多いので、美術館のスタッフが説明してくれるこのツアーはとても嬉しい。

しかも無料だ!

僕はこのツアーを知らなかったので、ひとりで美術館を回ったのだが、その時の感動はいまいちだった。(現代芸術はホントにわかりずらい…)

ところが帰りがけにこのツアーの存在を知って(パンフレットの裏に小さく書いてある)、ツアーに参加して改めて展示品の説明を受けたら、その素晴らしさが理解できてとっても感銘した。

時間があればぜひ参加していただきたい、いや時間を捻出してでもぜひ参加していただきたいツアーだ。

 

ということで、これらのことを前提にして考えると、終了時間が早い「家プロジェクト」をはじめに訪れて、その後に「地中美術館」、そして夕方に「ベネッセミュージアム」を訪れるのが良さそうだ。

僕も今回はそのように回った。

ところが、「家プロジェクト」と「ベネッセミュージアム」の両方に作品を展示していると作家さんがいて、その作家さんの説明を「ベネッセミュージアム」のミュージアムギャラリーツアーで受けてから「家プロジェクト」を訪れた方がより楽しめるということがわかったのです。

<「家プロジェクト」は、それぞれの展示会場にスタッフが居るが、展示品の説明をしてくれることはないのだ。(少しは説明してくれることもある)

なので、「ベネッセミュージアム」での説明を聞いておくと、「家プロジェクト」をよりいっそう楽しむことができるということだ。

でも「ベネッセミュージアム」のミュージアムギャラリーツアーは17時からなので、それに参加した後では「家プロジェクト」は終わってしまっている。

なので時間に余裕がある人は、初日に「地中美術館」と<「ベネッセミュージアム」を訪れて、翌日「家プロジェクト」を訪れるいうパターンがオススメなのです。

できればミュージアムギャラリーツアーをお昼ごろにしてもらえると嬉しいのだけどね。

 

今回の旅で参考にしたガイド本はこの2冊

瀬戸の島旅―小豆島・豊島・直島+22島の歩き方

瀬戸の島旅―小豆島・豊島・直島+22島の歩き方

 

 

瀬戸の島あるき―地図で旅する香川沖26島

瀬戸の島あるき―地図で旅する香川沖26島

 

 純粋なガイド本としては「瀬戸の島旅」がオススメだが、読んで楽しいのは「瀬戸の島歩き」だった。

余裕があれば両方読むのがいいと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA