あらためて実感しました「失敗は成功のもとなのです!」【りきりんさん講演会感想】

f:id:isopiii:20150330223339j:plain

「自分が勝てる市場で勝負しよう!」

「成功と失敗は二択ではなく失敗の先に成功がある!」

ちきりんさんの講演会で印象的だったのはこの2つの話だった。

ちきりんさんは月間のブログのアクセス数が200万もあるという人気のブロガーさん。

そのちきりんさんの新刊『マーケット感覚を身につけよう』の出版記念講演を聞いてきた。

大阪、東京、名古屋で講演があって、僕が参加したのは最初に開催された大阪での講演。

名古屋での講演も先日終ったようなので、もうブログに書いても大丈夫だよな、と勝手に判断して書いてみる。

講演は新刊『マーケット感覚を身につけよう』の出版記念講演ということもあって、本に書けなかったことを補足するというような話だった。

その講演内容を詳細に書くのも野暮なので、印象に残ったところを紹介したい。

公演の中で印象的だったのは、冒頭に書いた

「自分が勝てる市場で勝負しよう!」

「成功と失敗は二択ではなく失敗の先に成功がある!」

の2つ。

「自分が勝てる市場で勝負しよう!」の例で出されていたのは婚活の話。

婚活サイトでパートナーを見つけられる人は、年収が高めで若い人。

そういう人は、女性が事前に設定している条件を満たすので、出会うチャンスを多く得ることが出来る。

その逆に、年齢が高めで年収が厳しい人は、女性の設定している条件にマッチしずらい。

なのでそういった人は、婚活サイトではなく、友達に合コンをセットしてもらったり、積極的に街コンに参加するのがいい。

合コンや街コンではいきなり年齢や年収の話にならず、人柄を評価してもらえるから。

婚活サイトは人柄は関係なく、年収や年齢でフィルタリングされてしまい、チャンスは永遠に訪れない。

つまり市場(上記の例では婚活市場)における自分の価値(売りになるところ)を把握した上で、その売りがもっとも効果的に発揮できる市場を選ばないといけないということだ。

成功と失敗は二択ではなく失敗の先に成功がある!」というのは言葉もなかなかうんちくがある。

多くの人は新しいことにチャレンジする時、成功の確率を計算してその確率が高ければやってみる、低ければ高くなるまで待つ、あるいは勉強などの準備にあてる、という判断をする。

でもこれは間違い。

準備なんかに使う時間があったなら、とりあえずチャレンジして失敗してみる。

そしてその失敗を糧にもう一度チャレンジすればいいということ。

失敗という実体験以上の教材はないのだから。

また失敗か成功かの2択ではなく、数回の失敗を経験したあとに成功が訪れると考えると、失敗してもそれほどダメージは少ない。

失敗で学び、それが成功につながると考えると、前向きに取り組むことができる。

僕はこれまでそれほど大きな失敗をせずにここまでやってきたのだけど、それはチャレンジをしなかったということなんだろうなあ、としきりに反省する講演会だった。

かと云って、この年齢でもう大きな失敗はしたくないというのも本音のところ。

失敗するのは若者の特権ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA