これから掃除機を買う人には積極的にコードレスタイプをおすすめします

 汚れを見つけても掃除機を取り出すのが面倒で後回しにしたことはありませんか?

そんな人には絶対的にコードレスタイプの掃除機をおすすめします。

わが家で使っている掃除機はダイソンのDC62というモデルですが、これは本当に良い買い物をしたと思ってます。

ダイソンの掃除機はモーターの音が国産のより大きく、紙パック式と比べるとゴミ捨てに手間がかかるという欠点はありますが、それ以上にコードレスタイプの使い勝手は素晴らしいです。
元々はコードレスタイプはサブ機にして、しばらくしてからメイン機として普通の掃除機を買おうとしていたのですが、まったくその必要はなく今では立派なメイン機になっています。

コードレスタイプのどこがそんなに良いかと言うと、ひとつ目の理由は汚れを見つけたときにさっと取り出して使えるところです。
一般のモデルであれば、押入れから引っ張り出して電源コードを差してから使うことになりますがその手間がありません。

取り出す手間がないので、今まで以上に掃除をするようになりました。

ふたつ目の理由は電源コードの取り回しのストレスがないこと。

これは当たり前のことですが、使ってみると思ってた以上に良いです。

部屋を移動して掃除するときや階段を掃除するとき、電源コードを意識しなくて良いことは地味ですがちょっと感動ものです。

屋外での車の掃除にも向いているので、車好きの人や子供が車を汚して困る人にもおすすめします。

コードレスタイプの掃除機は一般のモデルより吸引力が弱いのですが、ダイソンの掃除機は吸引力を売りにしているだけあって、コードレスタイプでも一般の掃除機とそれほど変わらないのが気に入ってます。

ダイソンユーザーで有名な「白い粉現象」ですが、コードレスタイプでもきちんと白い粉を吸い取りますよ。

これから掃除機を買おうとしてる人には、僕はコードレスタイプの掃除機を積極的におすすめします。

ダイソンが嫌だという人は他のメーカーの掃除機でも良いですが、必ず吸引力を確認してくださいね。

コードレスタイプの掃除機は取り回しは最高ですが、ごみを吸わなければストレスがたまるだけですから。

ではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加