使っていないクレジットカード8枚をあっさり1時間で解約しました

クレジットカード

クレジットカードを解約するのは面倒だと思っていて、ずっと先送りにしていたのですが、やってみると意外と簡単で8枚を解約するのに1時間もかかりませんでした。

クレジットカードを解約する方法は、カードの裏面に記載されているコールセンターに連絡して、自動音声ガイドに従って入力すればオペレータにつながるので「解約したい」と申し出ればいいです。

なかには自動音声ガイドに従って、カード番号と生年月日を受話器の数字ボタンで入力すれば解約できるカード会社もありました。

すべてのカード会社が音声ガイドだけで解約できれば楽でいいのですが、残念ながらほとんどのカード会社はオペレータと話をしないといけません。

しかしいちばん手間がかかるところでも、オペレータに「クレジットカードの番号・名前・生年月日・住所・電話番号」を伝えれば解約できました。

解約理由を聞かれたカード会社もありましたが「使っていないから」と答れば問題ありませんでした。

家電量販店系のカードは解約してしまうと店独自の長期保証も解約になるので、最近買い物をしていなくても注意が必要です。

またポイントが残っているともったいないので使い切ってから解約しましょう。

僕の場合、少額のポイントが残ってるカードがありましたが、ポイント交換で欲しいものがなかったので、カンボジアのNGOに寄付しておきました。

たった数百円ですけど。

解約したカードの発行元はオリコ・UC・JACCS・NICOS・オーエムシー・全日信販・楽天・セゾンとばらばらでしたがどこもストレスなく解約できましたよ。

オペレータにつながるまで少しばかり待たされた楽天カードを除いて。

どうしてクレジットカードを解約したのかといいますと、使わないクレジットカードは持っているだけでリスクになるからです。

万が一盗まれて不正に使われると面倒ですし、聞くところによるとカードのキャッシング可能枠はローンに見なされるという話もあります。

それと使っていないカードのほとんは年会費無料なのですが、なかに年会費が必要なものが数枚あって、その請求が先月と今月に1枚ずつあったのです。

それぞれ1,000円ほどの年会費ですが、できるだけ無駄な支払いはやめたいですよね。

もう年会費は支払ってしまったので、この先1年はこのままにしておいて、次回の年会費を払う前に解約すればいいという考えもあります。

しかし思いついたときにやっておかないと、ますます先送りになってしまうのがわかってたので、支払ってしまった年会費が少々もったいない気がしましたが思い切って解約することにしました。

調べてみると手元には14枚ものクレジットカードがあって、過去1年間に使ったことがあるのは6枚、使ったことがないのは8枚だったのでこの8枚を解約することにしました。

対象のカードはショップ系のものがほとんどで、もともとは店のポイントカードとして作ったものです。

カードを作ったときにはポイントを貯めていたのですが、ライフスタイルが変わったり引っ越しをしたりして店は使わなくなりカードだけが残ってしまっていました。

ただのポイントカードなら捨ててしまえばいいのですが、クレジットカードとセットになっているポイントカードは簡単に捨てられないのが面倒ですね。

これからはポイントに目がくらんでクレジットカード簡単に作らないようにしたいと思いますが、できればお店のほうでも、ポイントカードをクレジットカードにセットしないようにしていただきたいです。

ではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA