ちょっとした空き時間を大切にするためにFacebookアプリをスマホから削除しました

時間があればiPhoneでFacebookを見ていました。

そこにあるのは、他のウェブサイトの投稿(ニュースやちょっと良い話)をシェアしたも、昼食や飲み会の写真や外出先の写真など、僕の生活にとって特別大切なことではありません。

投稿しているのは友人もいますが、どこかのイベントやセミナーで出会ってそれから一度も話したことがなくて、これからもおそらく会うことがない人が多くいます。

僕のFacebookには、このようなかつてどこかですれ違った人や、ネットの知り合いが友達として多く登録されています。

ちょっとした空き時間に暇つぶしとして目を通すには、このようなあまり重くない関係の人たちの投稿がちょうどよかったのですが、なんだか無駄に時間を浪費しているように思えてきました。

なのでiPhoneからFacebookアプリを削除しました。

見ようと思えばブラウザからも見ることはできますが、ひと手間かけてまで見るほどのものではないので、もうiPhoneからFacebookを見ることはないと思います。

もちろん僕も出先から投稿しません。

とは言うものの、連絡用にFacebookを使っている知人や集まりがあるので、所属しているグループの投稿だけ見ることができる「Groups」というアプリと、メッセージを受け取ることができる「Massenger」というアプリは残すことにしました。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
このアプリはFacebookグループにアクセスするための専用アプリです。
12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
Messengerで無料で友達とメッセージのやり取りをしましょう。

これでFacebookを見るのは、1日に一回ブログを書くためにパソコンを立ち上げるときだけになるので、もう無駄にFacebookに時間を取られることはなくなります。

しかし僕はFacebookそのものを否定しているわけではありません。

めったに会えないのでFacebookでお互いの近況を確認し合っている友人もいますし、ときどきは有益な情報や僕の思いつかないような意見が投稿されることもあるので。

僕はFacebookを否定しているのではなくて、ちょっとした空き時間にそれを見てしまう自分が嫌なので距離を置こうとしたのです。

今回Facebookアプリを削除するにあたって、いくつかのニュースアプリやミニゲーム、はてなブックマークのトピックスを表示するアプリをiPhoneから削除しました。

ちょっとした空き時間をより有益に過ごすために。

ではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA