3年前のブログセミナーで名刺交換をしたブロガーさんの現状を調べてみたらブログを書き続けている人は27パーセントでした

3年前に参加した初心者向けのブログのセミナーでもらった名刺を引っ張り出してきて、名刺に書いてあるブログにアクセスしてみたところ、結果は以下のようになりました。

  • 1年以上ブログを更新していない人:5人
  • 1か月以上更新していない人:6人
  • ほぼ毎日更新している人:4人

セミナーに参加してまでブログを書こうとする人は、なんらかの目標を持ってブログを書いていたと思うのですが、3年たって継続してブログを書いている人の割合は27パーセントということです。

集計した数が少ないので、この27パーセントという数字が一般論として成り立つかどうかの自信はないですが、僕の感覚としてはこんなものだろうと思います。

ブログを継続できる人の割合は27パーセント。

ざっくりいうと3割ですね。

ブログを書くことをやめてしまった7割の人には、ブログをやめる何らかの理由があったのでしょう。

始める理由がさまざまなら、やめる理由もさまざまです。

他人にはわかりません。

うっかり更新するのを忘れてしまい、そのままやめてやめてしまった人もいるかもしれません。

ブログなんてそんなものです。

僕の場合は投稿する期間が1週間ほど空いたことはありますが、ブログをやめたいと思ったことはありません。

ブログを更新するのに2~3日ほど空くことがありますが、そうするとムズムズして居心地が悪くなります。

仕事や家事のように、誰かが待っていたり催促されるわけではないのですがなぜでしょうね?

ブログというのは毎日書こうとするとネタが続かず苦労しますが、数日書かないと「書きたいこと」がたまって、それを吐き出したくてムズムズするのかもしれません。

こういう感覚になれば、もうブログをやめようという気にはなりません。

投稿の期間がかなり空いたとしても、それはブログをやめたのではなくて、書きたいことがたまるのを待っているだけですから。

そうすると、ブログの更新をやめた11人もブログをやめたのではなくて、書きたいことがたまるのを待っているだけかもしれません。

ブログってそんなものですから。

ではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA