修理の申し込みはウェブ受け付けが最高なんだけど、確認電話は要りません

冷蔵庫と洗濯機がまとめて壊れました。

冷蔵庫は水が漏れて床がびちゃびちゃになって、洗濯機はドラム式なのですが、乾燥の機能が使えまくなりました。

どちらもパナソニック製で7〜8年使っています。

一般的に言われている「10年の家電寿命」はまだですし、買い換えるほどの故障でもないので、いったん修理を依頼するとにしました。

パナソニックの修理窓口に電話をすると、電話が立て込んでいるなで、このまま待つか掛け直してください、というありがちな自動応答。

コールセンターの電話対応は昔から変わりません。

自社ユーザーより他社からの乗り換え客のほうが割安になる携帯電話会社の対応に多くの人が不満を持っていますが、自社を利用している顧客を大事にする姿勢は、これから人口が減る日本のマーケットでは大事なことだと思うのですけどね。

どうなんでしょうね。

しかしパナソニックの自動応答が少し親切だったのは、ウェブでも修理を受け付けているという案内を付け加えてくれたところ。

電話からウェブに利用者を誘導しているのです。

それで、ウェブの修理窓口から改めて申し込んだところ、数分で申し込みが完了しました。

しかも訪問可能な日と時間帯が一覧で見れてとても便利。

電話ではできない対応ですね。

そのあと1時間ぐらいして、地域の修理センターから確認の電話が入ったのですが、メールアドレスを登録しているのだから、できればこれもメールで連絡がほしかった。

どうしても電話でないといけない連絡でなければ、電話っていろいろ面倒ですから。

そのときも読書を中断させられてイラッとしてしまいました。

ではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA