東京五輪のエンブレム問題 、佐野氏も被害者のひとりだと思う

東京五輪のエンブレムが撤回になりました。

この問題は表面的には盗用疑惑ですが、それだけではない人の心の暗い部分が見えるのがちょっと嫌な感じです。

それは、若い優秀なデザイナーに対するやっかみ。

盗用疑惑ではじまった騒動が、デザイナーの過去の仕事をほじくり返し、最後にはほとんど個人攻撃になったことからもわかります。

ネットだけではなく、あらゆる方面から相当なバッシングを受けたのだろうと思うと気の毒でなりません。

同じ立場に置かれたら、僕も四の五の言わずにとっとと逃げ出した思います。

家族に危険が及んだらなおさら。

家族あっての仕事ですから。

どうして選考委員会は、佐野氏をもっと守ってあげなかったのでしょう。

自分たちが選んだという気概が足りません。

盗用疑惑については、ベルギーのデザイナーとの間に訴訟問題がありますが、このあたりはお互いプロなので、選考委員会が本気で交渉すればなんらかの落としどころがあるはずですから。

デザインそのものは、ちょっとクールで親しみにくいところがありますか、言われているほどひどくはありません

最初に見たときには違和感がありましたが、ニュースでなんども見るうちに目に馴染んできて、今ではすっきりしていて、それでいて力強いいいデザインではないなかぁ、なんて思えてきまた。

最初は否定的な意見が多くても、だんだんと評価が良くなって来るのいいデザイン(斬新なデザイン)なのです。

デザイナーの過去の仕事にも盗用疑惑があったりして脇の甘さも否めませんが、今回ここまで攻撃されたのは、誰を攻撃していいかわからない国立競技場の建て替え問題のとばっちりを受けた面と、デザイナーという華やかな職業に対するやっかみがあったのではないかと思うのです。
著名なデザイナーとはいえ一般人ですから相当な叩きやすかったのでしょう。

ニュース番組を見ていると、選考委員会の丁寧さに欠ける仕事や、国民の祭典と言っておきながら、身内だけの閉鎖的なサロンのようなところ決めてしまったプロセスも火に油を注いてしまいました。

いずれにしても、なんもなく気持ちが悪い幕引きです。

佐野氏側から撤回を申し入れた形になっていますが、騒動を嫌った選考委員会にトカゲの尻尾切りをされたイメージがぬぐえません。

僕は今回のデザインそのものには問題がなかったと思います。

エンブレムひとつ決めるのに、問題が起こればデザイナーを守らず、責任を押し付けてしまう結果になってとても残念で悲しいです。

佐野氏の過去の仕事の不手際が取りざたされていますが、それと五輪のエンブレムは別の話です。

正規のプロセスで選んだからには、選考委員会には、選んだデザインとデザイナーを最後まで守ってあげてほしかったと思います。

てはまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA