カメラマン、フォトグラファー、写真家、あなたが目指しているのはどれ?

カメラマンとフォトグラファーと写真家の違いを知ってますか?

芸術性が一番高いのが写真家

僕はカメラマン、フォトグラファー、写真家の順に芸術性がアップしていくのだと考えています。

これはJIS規格なんかで正確に定義されてるわけではないですが、概ね正しい理解だと思います。

カメラマンというのは発注者の指示に従って、発注者が望む写真を忠実に撮る人。

新聞や雑誌に写真が掲載されることがあっても、撮影者として名前は掲載されることはほとんどありません。

黒子的な仕事ですが、人脈を活用して営業をきちんとすれば、それなりに稼げるでしょう。

たとえば、街の写真館で家族写真を撮るのがカメラマンの仕事で、写真を撮る人の個性や芸術性は必要なく、綺麗に記録写真を撮ることが求められます。 
写真家は、写真で自己表現をする芸術家。

撮った写真は「作品」なので、それらをまとめて写真集を出版したり、写真展を開催して収入を得ます。

人に指示されて写真を撮るわけではなく、好きなときに好きなものを撮ればいいのですが、そのぶん仕事や収入は不安定になります。

写真家は芸術家なので、求めているのはお金ではなく名声だったり自己表現の追求だったりします。
フォトグラファーはカメラマンと写真家の中間です。

依頼にもとづいて仕事をしますが、100パーセント依頼者の指示に従うのではなく、カメラマンと違ってあるていど自己表現を加えることができます。

たとえば、女優の写真を撮るときに、自分の技量や感性を駆使して女優の魅力を引き出す写真を撮るのがフォトグラファーの仕事です。
ざっくりまとめると、カタログの写真を撮るのがカメラマン、女優の写真を撮るのがフォトグラファー、芸術的な写真を撮るのが写真家です。

もちろん、カメラマン兼フォトグラファーやフォトグラファー兼写真家という人もいます。

というか、この区分は肩書きではなくて、仕事の種類だととらえた方がいいです。

あなたが撮りたい写真はなんですか?

写真を仕事にしたい人や写真で自己表現をしたい人は、カメラマン、フォトグラファー、写真家のどの仕事をしたいのかを考えなければいけません。

本当は芸術性が高い写真が撮りたいのに、毎日写真館で家族写真ばかりを撮る生活をしていては、疲弊してしまいます。

生活の糧はカメラマンの仕事で稼いでおいて、時間があるときに、写真家として自分が本当に撮りたい写真を撮るという生き方もありますが、要はそのバランスです。

以前に写真家のドキュメンタリー番組を見たことがあるのですが、無名なときは好きな写真が撮れたのに、有名になると依頼される仕事が多くなり稼げるようになったが、自分が撮りたい写真を撮りに行く時間がなくなったと嘆いているのを見たことがあります。

人気写真家のジレンマですね。

そういうことからすると、芸術性が高い写真を撮るには、覚悟を決めて(お金のことは考えず)その道を突き進むか、生活のための仕事は別に持っておいて、趣味的に写真を撮るのがいいのかもしれません。

趣味といっても、週末に100枚ていどを撮るぐらいのレベルではお話にならないとは思いますが…

ではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加